<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
息子、朝から、パジャマに帽子。
100520_080348.jpg
暑い日にも帽子を嫌がり、なかなか被ってもらえなかったため

ある日、
帽子を被せたら、
わざと大袈裟に

「うわあぁぁぁ〜!!!かわいぃぃぃ〜ぃ〜!!!似合うぅぅぅ〜」
と、持ち上げたら

ニコーッと笑って、それ以来、嫌がる事なく自ら進んで帽子を被るようになった息子(笑)。

褒められるの大好き…。

朝、NHKの「おかあさんといっしょ」を見るのに何故か帽子を被る息子。

大好きな歌のお姉さんに会うのに、ベストな自分を演出したつもりか…(笑)

残念ながら、まだ君はトミカのパジャマだぞ!
* 21:56 * - * - *
こどもの日。
100505_162922.jpg
柏餅を買いに行く息子の図。

「つぶあん、ふたーちゅ!」

それにしても、父ちゃんそっくりだにゃ…。
* 01:21 * - * - *
初ゆうえんち!
100504_122058.jpg
ゴールデンウイークにつき、おでかけ第二弾!
ゆうえんち初体験の息子。
アンパンマンショーは、すごい人で見れなかったけど、我が物顔で歩く息子。

かなぁーり楽しんでいました!

父ちゃんはお仕事につき、お留守番でちゅ。
* 14:44 * - * - *
ゴールデンウイーク
2010032813270001.jpg
ゴールデンウイークにつき息子を連れて、おばあちゃん家に遊びに行った。
帰りに駅でエレベーターを待っていると、同じくエレベーターを待っていたキャプテンサンタのCMに出て来そうなアメリカ人(予想)のおじさんがいた。

息子に手を振るサンタ(仮)。

愛想だけはいい息子、ニコニコ笑顔で手を振り返す。

喜ぶサンタ。

サンタは、ポケットから何かを取り出し息子にあげた。
ん…
それは…

100円玉!

お金?

そして、隣にいた奥さんらしき日本人女性に何やら話している。

女性「あ、やーね、お金なんてね、困るわよね〜、あ、でも、ドリンクでも買ってあげてって。」

私「あ〜、す、すみません、ありがとうございます、じゃ遠慮なく… 」
一度は断ったが、サンタのあまりに誇らしげな顔は「気にするな!ほんの気持ちだ!」といわんばかりで有り難く頂戴した。

すると

…また何かを取り出した。

ん…

アメリカ仕込みのジェリービーンズ!

また、英語で何か女性に話している。

女性「ごめんなさいねー、こんなの甘いの食べないわよね?」

さすがにジェリービーンズは食べれないのでお断りしたが、我が子はサンタとすっかり仲良しになっていた…。

ものおじしないのは結構だが、最近はホントに主張も強くなり、とにかく言うことを聞かないやんちゃ君。

笑顔の報酬ではじめて銭を稼ぎました(笑)。

* 14:04 * - * - *
教育の行き届いた小三男子。
息子を遊ばせている公園で出会った小三男子のお話。

小学三年の男子…
といったらば、
そりゃまあ、
おそろしいほどのスピードで自転車を乗りつけ、近くに誰が居ようがおかまいなしでサッカーボールを蹴り飛ばす…

一般的には、そんな感じなんだけど、このお子様は違った。

割と活発に落ちていた枝で遊んでいた彼にウチの坊が釘づけになっていた。

そう、一歳児は枝が大好きなのだ!(ホントよ。)

その視線を感じたのか、彼は、ウチの坊のところに寄って来て

「コレ、欲しいの?ハイ。」

ソフトに話し掛け、枝をくれた。そして彼はまた一人で遊んでいた。

しばらくしたら、ウチの坊はもらった枝を水飲み場の排水溝に落として遊び始めた。

私「あー、ダメ!つまっちゃうでしょ!」

自転車にまたがりどこからともなく現れた彼。

彼「あ、大丈夫ですよ!そこは水溜めなんで。乾燥したら、その水はなくなりますが、つまることはありませんから」

私「あ…はは。そーなんだ、ありがとう。」

彼「あ、お子さんはおいくつですか?」

私「…あ、一歳だよ。」

彼「そーですか、うちの妹は三歳なんで、近いですね!」

あまりに完璧な丁寧語に少々圧倒される私
「…妹いるんだ、三歳かあー、可愛い?」

彼「はい、すっごく可愛いんですけど、悪戯が凄いんですよ。
この間なんかDVDを三枚も一緒に入れて機械壊しちゃって、
新しいの買ったんですけど、
今度はケチャップ入れちゃって…あははは〜 」

どう考えても小三男子の喋り方ではない(笑)

私「あらあら、大変だねー(完全に圧倒されている…)
あ、君カッコイイ自転車乗ってるねー!」

彼「あ、でもコレ二年も乗ってるんですよ!
あ、いい自転車屋教えましょうか??
コレは、トイザらスで買ったんですけど、
商店街の自転車屋あるじゃないですか?
そこはタダで空気入れてくれますよ!
パンクみたいになっちゃった時もすぐなおしてくれましたし

あ、もちろん、タダで!
!!」

タダっていう時の嬉しそーな顔は、もはや…

そう!おばちゃんだ!そして、これまたよく喋る!

小三男子おばちゃんに完全に圧倒されつづけた
リアルおばちゃんのわたくし。

まあ、しかし丁寧なお子さんだにゃー。
親がちゃんと丁寧に話してないとこうはならないだろーね。
と感心したわたくしでした。


* 15:55 * - * - *
じゃん!
100413_102518.jpg
父ちゃんに幼児用LEGOをピラミッドにしてもらってご満悦の息子。

なんかこの写真、男前じゃない??
(親バカ…)
* 15:12 * - * - *
おおあわて。
100406_113148.jpg
桜見にちょっと遠出してみようと思った、その夜中

なんと息子ちゃんは、39度の熱の熱を出して、嘔吐…そして、ぐったり
ひえー!
びっくりしたー!

なんで結局、近所の公園へ(熱はすぐ下がったよ!)。

敷き詰められた落ちた桜の花びらが好きみたい。
ウンコ座りして眺めたり、桜の木を見上げては、指差し「うわー」って歓声をあげる。

最近はいろんなものが“わかる”ようになった。

また、それに伴い

いつもと違う事や場所だと空気の違いを感じ取り“怖い”と思うのかぎゃーぎゃーと泣く事も増えた(トホホ。)

しかし、これも成長!

やっぱりママは大変だにゃー。
* 12:22 * - * - *
サクラ、咲く。
やっぱり、桜はいいもんじゃのー。

引っ越す前の家からは川沿いの散歩道が桜色になるほどの桜樹アーチがとっても綺麗だった。

今の家は大通り沿いで便利にはなったが、自然がちと少ないから
あの感動はないが、マンションの前の公園にある桜は綺麗に咲き誇っている。

若干一歳の息子も桜樹を見上げて
「ふぁーあー」
と感動している様子。

明日は、ちょっとだけ足をのばして、
まだ頑張って咲いてる桜ちゃんを見に行ってみよう!

あ〜、専業主婦の役得、役得(ルン。)
* 22:49 * - * - *
ふたり。
100326_155316.jpg
うちのおばあちゃん78歳と息子1歳。

生まれた時代は全く違うふたりだけど、確かに今、同じ時代を生きております。

この子を産んで退院した後は、両親がまだ働いているため実家に帰れず、しばらく、おばあちゃん家に滞在していた。

おばあちゃんが元気でよかった。

てくてくとふたりは丁度いい速度で歩いて行く。

うーん、なかなかいいショットだにゃ。
* 17:24 * - * - *
やるねー!E-TV
100304_081555.jpg
0、1、2歳を対象とした教育テレビの「いない、いない、ばぁっ!」に大夢中の息子。
この日は、なぜか鍋のフタを持って駆け付けて来た(笑)。

この番組がやってる時は、いつも集中して見ていてくれるから、家事など安心して済ませることが出来る。

乳幼児をこんなにも引き付けるなんて、すごいよ!
だって、やっぱり他の番組はすぐ飽きちゃってダメだもん。
バカにできないよ〜、教育テレビ。
「いない、いない、ばぁっ!」さまさまである。
最近は、体操もノリノリで踊るし、街の中でキャラクターを見つけると「ふぁー!、ふぁー!」って指さして喜んでいる。
区でやる教育系の講義ではどこに行っても、三歳まではテレビを見せない方がいいって言うんだけど、私も旦那さんもテレビっ子だったし、やっぱ家で保育してるママにとっては、子供と二人きりで向き合いっぱなしだと、ついイライラしがちなんで、いい息抜きでもあるわけです。

だいじ、だいじ…。
* 22:06 * - * - *
<< | 2/36PAGES | >>